行政書士の通信講座を受講する【費用を見ていいところを決めよう】

難易度の高い国家資格

勉強

勉強方法のすすめ

行政書士は、官公庁に提出する書類を個人や企業に代わって提出、作成、手続きなどを行う国家資格を必要とする職業です。行政書士の仕事は幅広く、様々な分野の法律に関わる書類作成を行います。したがって自分の力量により、どんどん仕事を広げていくことが出来る可能性に満ち溢れた職種だといえます。また自分の得意な専門分野を絞って得意分野を磨いていくというやり方もあります。 行政書士の資格を取るのは、弁護士や弁理士などの資格を持っていることや、公務員として行政事務に17年〜20年以上勤務することにより可能になります。中でも、1番王道なのは行政書士試験に合格する方法です。しかしその難易度は高く、かなり多くの勉強時間を費やす必用があります。ちなみに合格率は3%〜10%程です。 行政書士の資格取得に向けて勉強するには、スクールに通う他に独学や通信講座を受講するという方法があります。通信講座や独学のメリットは、費用をなるべく掛けずにすむという点です。スクールに通うにはそれなりのまとまった費用が必要になり、20万円程は最低でも掛かるでしょう。しかし独学となると難易度の高い行政書士の勉強は、挫折する可能性があります。費用は抑えられますが、受験生へのサポート体制のある通信講座での勉強が1番合理的といえます。ちなみに通信講座の費用の相場は、大体5〜6万円です。また通信講座だと、自分の好きな場所や時間に勉強できるというメリットもあります。朝早く起きて早朝勉強したり、図書館やカフェでの勉強も可能です。多くの時間を勉強に当てなくてならない分、自由度の高い学習スタイルが選べるのは通信講座の魅力です。