行政書士の通信講座を受講する【費用を見ていいところを決めよう】

通信教育のあれやこれや

勉強

行政書士の学習方法の1つが通信講座。スクールに通う必要なく、スクール並みの学習の質を確保できる学習方法です。費用は独学と通学の中間程です。コースにより違いはありますが、5万〜6万円が相場です。自分で教材を揃えたり、学習プラン作りや情報収集したりする必要はありません。

法律家とは

ウーマン

行政書士になるためには、試験に合格する必要があります。その試験の勉強の仕方には、独学と通学と通信講座がります。それぞれメリット、デメリットとあります。初めて法律を勉強する人にはなかなか理解できない部分や法律用語があるので、費用を抑えて分かりやすく勉強するには通信講座がおすすめです。

値段もチェックを

女の人

行政書士は法律系の資格の中で合格しやすい部類ですが、基礎知識がない状態で独学合格するのはかなり大変です。サポートを受けて確実に合格したいという人によく選ばれているのが、通信講座です。通信講座は費用と品質のバランスがよいものが多く、スクール型の講座よりもかなり安い費用で受けることができます。ですが、中には資料が提供されているだけで独学とほとんど品質が変わらないものもあるため、注意しなければなりません。行政書士への合格を目指すのならば、DVDで講義を受ける事が出来たり、メールやインターネットで質問をすることが可能であったりなどの確認が重要となってくるでしょう。費用が高いからと言って質まで良いとは限らないので、安くても品質がよいものを選ぶのが一番だと言えるのです。行政書士の通信講座による費用相場としては、安いもので10万円以下、少し高いものだと20万円程度というものです。行政書士の通信講座の場合、10万円以下でも比較的よい講座が見つかるので、サポート体制や口コミなどをチェックして探してみましょう。場合によっては5万円以下の費用で受けられることもあります。学習期間としては、最低400時間程度は必要といわれています。一日二時間から三時間程度の勉強をすると、半年から九ヶ月ほど必要になる計算です。行政書士は合格率が一割程度なので、何回も受ける人がいます。その場合はさらに勉強時間が増えることになり、平均値は出しにくいのが現状でしょう。ですが、密度の濃い勉強をすることで勉強時間を短縮することは可能です。

難易度の高い国家資格

勉強

行政書士は、難易度の高い国家試験に合格する必要があります。勉強方法には専門のスクールに通う他、独学や通信講座を受講する方法があります。費用の面では独学が1番リーズナブルですが、添削やサポートを受けることが出来ないのがデメリットといえます。費用が抑えられ、サポート体制も整っている通信講座がお勧めです。